外壁塗装の塗り替え時期と塗料の耐用年数

外壁塗装の塗り替え時期と塗料の耐用年数

外壁 塗り替え

外壁塗装 費用

外壁 塗り替え 価格

外壁の塗り替え 相場

 

 

外壁塗装はだいたい10年に1回は行ったほうが良いと言われます。
でも、外から見たらまだまだ綺麗だしもっと先でも大丈夫そうに見えませんか?
外壁塗装の必要性は、壁の汚れではありません。

 

最近の外壁はサイディングなどのボードが多いですが、それらをつないでいる部分に入っているコーキングやシーリングの劣化をみたことがありますか?
通常のコーキングは弾力がありますが、何年も経って劣化するとバリバリに割れてしまうのです。
そこから雨水が浸み出して天井にしみが出来たり、木材を腐られたりカビさせたりするのです
だから外壁のリフォームが必要になるわけです。

 

外壁塗装は10年おきにやった方がいいと言われますが、実際は使う塗料の種類によって違います。
塗料にはさまざまな種類があって、耐用年数と価格に差があります。

 

外壁塗装 塗料 種類

 

アクリル系塗料 5〜8年    1,000〜円 安価で使いやすいが耐久生が低い
ウレタン系塗料 7〜10年 15000円(1坪) 柔らかい・木の部分や雨どいに
シリコン系塗料 10〜15年  16000円(1坪) 耐久性、コストとバランスが良い
フッ素系塗料  15〜20年 22000円(1坪) 耐久性がシリコンよりすぐれている
光触媒・無機塗料 15〜20年 5,000〜5,500円 耐久性が良いが高い
遮熱・断熱塗料(ガイナ)15〜20年 5,000〜5,500円 耐久性や断熱性が良いが高い
ラジカル塗料  14〜16年  17000円(1坪)家を傷めるラジカルの発生を抑える効果と防汚性が高い 知名度がまだ低い

 

このように価格が安い塗料は耐用年数が短く、価格が高い塗料ほど長くなるのです。
ですから多くの方が、中間にシリコン塗料を使います。手ごろな値段と耐用年数の長さ、種類の豊富さが人気です。

 

 

2015年に発売されたラジカル塗料は、高性能なのに比較的リーズナブルなのですがまだ新しい塗料のため知名度が低く扱っていない業者もあります。ラジカル塗料を希望の際は、業者を決める前に扱っているか聞いておきましょう。

 

外壁塗装にはいろいろな工程があり、足場を組んだり高圧洗浄したり、ヒビの修繕を経て3回の塗装があります。
日数も10日〜2週間前後かかりますが、乾きの悪い季節や雨によって延期されることもしばしばあります。
こんなに手間も時間もかかる工事ですから、当然費用も100万円前後かかります。

 

高額な費用をかけてリフォームするのですから、絶対に失敗したくないですね。
それにはまず良い業者探しが重要ですが、チラシやダイレクトメール、ネット広告、訪問営業とどれを取っても安心して依頼できるところなのかはわかりませんね。

 

そこでオススメなのが、屋根・外壁の優良塗装業者紹介サービス「ヌリカエ」です。

 

こちらの特徴は、紹介する塗装業者を厳しくチェックしているところです。
設立年数が浅く、実績の少ない、そしてしつこい営業電話をかけるような業者は紹介しないようになっています。

 

あなたのお住いの地域にある業者の中で、希望のリフォームが出来るところ数社に絞り込んであなたの代わりに見積もりを取ってくれます。相場も分かりますので、他にももっと安い業者があったんじゃないだろうか、もしかして高い業者に頼んでしまったのではないだろうか?という後悔はさせません。

 

まずは簡単入力で、相場を比較してみませんか?

 

外壁リフォーム 価格